• HOME
  • 紅とは
  • 商品のご案内
  • 紅ミュージアム
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 紅ブログ

江戸時代と現代を繋ぎ、「紅」の文化と伝統の技を未来へ

ENGLISH
 

日本では古来、口紅といえば紅花から作られる「紅(べに)」のことでした。伊勢半本店では、文政8年(1825)の創業以来、日本の伝統的な「紅」を当時の製法そのままに作り続けています。口伝でのみ受け継がれた秘伝の製法のもと、職人が丹精込めて仕上げた「紅」は、玉虫色に輝く「小町紅」として昔も今も変わることのない紅(くれない)の華やぎを紡ぎ出します。
伊勢半本店は、江戸時代から続く最後の紅屋として、伝統の技術を継承し続けるとともに、「小町紅」がいつの時代も生きた文化として、人々の暮らしを彩り続けるよう、新たな価値の創造に努めてまいります。

新着情報

Beni blog
Twitter