コレクション

錦絵・版画類

「今様美人拾二景 てごわそう」

文政5年(1822)~6年(1823)頃 / 溪斎英泉画

紅を重ね塗りし、唇を玉虫色に輝かせている女性。上質な紅を下唇に塗り重ねて笹色に輝かせる「笹紅化粧」が、文化・文政期に流行る。

「婦久徳金の成木 うつくし木」

弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)頃 / 初代歌川広重 画

鏡に向かって身支度をしている女性。白粉を手に取っている様子で、脇には白粉重を使用している状態が見てとれる。その奥の紅筆をかけた紅猪口の紅は、玉虫色に表現されている。

「模擬六佳撰 小野小町」

弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)頃 / 一陽斎豊国(三代歌川豊国)画

結髪を解いた洗い髪の女性。左手に紅猪口を持ち、右手には紅筆の代わりとして使用した玉簪を持つ。コマ絵や画賛は小野小町と京都産の紅の一名称「小町紅」をかけた内容となっている。

《現代美人集第一輯「口紅」》

昭和4年(1929)5月 / 伊東深水

昭和初期の日常的な化粧風景を描く。左手に紅猪口を持ち、右手薬指に紅をつけ紅点しをしている。薬指は、別名紅点し指ともいわれる。